ダイエット

夜食べて寝ている間もダイエットする方法をご紹介!!

 いつも朝食べてるその食材、実は夜に食べたほうが良いって知ってました?なんと夜に食べたほうがダイエットなどの美容健康効果が期待出来る食材があるんです。今回はそんな美容や健康に良い食材を5つご紹介します。

夜食べて寝ている間もダイエットする方法をご紹介!!朝食べる方が良さそうは勘違い

いつも朝食べているその食材、実は夜食べるほうが美容や健康に良いと知っていますか?実は驚きだったんですが、夜食べることによって美容効果が高まる食材があるんです。
今回はそんなとっておきの食材を5つご紹介します。
食べながらってワクワク嬉しいですよね!(*^^*)b
夜腹ごしらえしたいときもあるし、、、。
イライラしちゃったり、今日はデザートの気分ってときもあったり・・・!^^

夜食べて寝ている間もダイエットする方法をご紹介!!バナナ

バナナは「朝食べたほうがいいんじゃないの」なんて思っていませんか?実は、バナナは夜食べるべきなんです。バナナには、成長ホルモンを活性化させる効果があり、成長ホルモンが活性化されると脂肪燃焼に効果的です。就寝中は成長ホルモンが分泌される時間なので、夜のバナナは美容に良いんです。女優の深田恭子さんもバナナダイエットを実践していました。

夜食べて寝ている間もダイエットする方法をご紹介!!ヨーグルト

これまた朝食に食べている人も多いはずのヨーグルトは朝食べても良いけど、夜食べるほうがもっと効果的です。夕食後にヨーグルトを食べることによって腸内環境の改善が期待出来ます。消化力が落ちる就寝時に、整腸作用のあるヨーグルトで腸内環境を整えることで、乱れがちな便通をスムーズにしてくれます。芸人の山田花子さんもヨーグルトダイエットを実践していました。

夜食べて寝ている間もダイエットする方法をご紹介!!納豆

朝ごはんのイメージのある納豆は朝食べるよりも、夜食べるほうが美容に良いんです。納豆に入っているナットウキナーゼには、血液をさらさらにしてくれる効果があります。
また美肌作りに必要なビタミンBも豊富に入っています。酵素や食物繊維も入っているので、便通も良くなり、ダイエットに効果的です。納豆を夜に食べたほうがいいのは、ナットウキナーゼの持続時間が関係しています。
血栓ができやすいといわれるのが、睡眠後6~8時間に対し、ナットウキナーゼは食後10~12時間働き続けます。つまり、夕食に納豆を食べることで、寝ている間に血液をサラサラにしてくれる効果が得られます。
血液がサラサラになると、むくみやくすみが取れるなどと嬉しい効果もあります。眠っている間に納豆による酵素が体を満たしてアンチエイジングにもつながります。
味噌汁

朝ごはんに出てきたら幸せな、お味噌汁までもが夜食べたほうがいいものなんです。味噌には睡眠ホルモンを分泌させる効果があります。そして、夜ごはんに汁物を加えることで満足感が出ます。お味噌汁を夜飲むことで、ダイエットと快眠効果が得られます。

夜食べて寝ている間もダイエットする方法をご紹介!!ハチミツ

ハチミツも夜食べたほうがいいなんて知ってました?夜食べるイメージなんてないですが、夜食べるのが効果的です。寝る一時間前にはちみつを大さじ一杯お湯に溶かして飲むだけです。これだけで夜、睡眠している間にアンチエイジングと脂肪燃焼の効果が期待できます。ハチミツダイエットは数多くの有名人の方々が実践されています。

夜食べて寝ている間もダイエットする方法をご紹介!!夜食べてキレイになりましょう

いかがでしたか?いつも朝食べてたあの食材、夜食べてキレイになりましょう。