一瞬で、あなたのみにくい下腹が凹む方法をご紹介しましょう。恐ろしいほど短期管で出来て簡単な方法です。その方法とは…ずばり!『ストレッチで下腹を凹ます』です。
実はこの下腹を凹ます方法は、実はある程度筋力が無いとできません。また、筋トレって継続するのってなかなか難しい。そんなお悩みのある方いらっしゃいますよね。
お菓子食べたりすると下腹ってお肉がついちゃうんですよね^^;
管理人も困ってる下腹・・・・。
それでは紹介していきますね♪
スポンサーリンク

ストレッチが短期でお腹を凹ます鍵になる!!

おなかの筋肉って実は3つの筋肉があります。

■腹直筋

お腹の正面の表層部にある筋肉です。この腹直筋は咳をしたり、排便するときに使用する筋肉。排便コントロールをするために腹圧を高めるなどといった働きがある部位で、体を起こしたり、バランスをとって姿勢を保ったりするところになります。 あの有名なシックスパックと呼ばれる筋肉ができる箇所のことです。

■腹斜筋

腹斜筋は、脇腹を覆うようについており、外腹斜筋と内腹斜筋の2層になっている場所を指します。内臓を正しい位置に保ってくれる役割を担っていてこの腹斜筋は、腹直筋の働きを助ける役割を持っていて、腹圧を高めます。くびれを作る上でとても大きな役割をしている大切な筋肉です。

■腹横筋

腹横筋は、腹斜筋よりさらに内側にあるインナーマッスル。お腹周りをコルセットのように覆っていて、腰回りと体幹を安定させてくれる筋肉です。

いつもの腹筋で鍛えているのって、主に腹直筋なんですよね。実はウエストを細くする、つまりお腹を凹ます方法とは、ストレッチで腹斜筋と腹横筋も鍛える必要が出てくるのです。
それでは具体的なダイエット方法で 短期間で お腹を凹ます方法とは?について更に調べてみましたのでご覧ください!

スポンサーリンク
 

具体的なお腹を凹ますストレッチ方法!

1分でくびれを作るぞ!

このストレッチは、毎日運動するのが難しい忙しくて時間がないですよって人や、なかなか毎日が続かないという人に特に簡単にできちゃうのでおすすめです!
横になってたった1分でできる簡単なストレッチです。

お腹周りの筋肉を引き締めてくれるので、寝る前にちょっと取り入れるだけでも十分ダイエット効果が期待できます。

■やり方■

①うつ伏せで寝る態勢になります。
②腕を使って上半身をゆっくり上げて行きます。
③気持ちいいと感じるくらいのところで止めて5秒間キープします。
④そのままの状態で体を右にひねり、5秒間キープします。
⑤反対側も同じように行います。
体勢がツラい場合は、ひじを曲げてもOKです。 腰を反り過ぎたりする事に注意して運動を行ってください。
スポンサーリンク

ねじり運動でくびれを作る『お腹周りの脂肪を取る』

手順はこれだけです。

1.足を肩幅に開きハの字になる。
2.両手を後ろに回し中腰になる。
3.ゆっくりウエストをねじるだけです。
更に下半身は前を向いたまま上半身だけをねじると更に効果的です。これだけで十分な効果があります。タオルなを使用しても効果的です。
このねじり運動を行う事で横腹(腹横筋・腹斜筋)を効果的に鍛えることでくびれ美しいボディラインと 手にする事とができます。
ウエストの引き締め効果を狙うならこちらの運動が最短かつ有効になってきます。
腹横筋は内臓を正しい位置に戻すための役割も果たしているため、鍛えることで、腸が刺激され動きが活発になるため、便秘解消効果も。
ぽっこりお腹も解消することができます。

まとめ

『ストレッチで下腹を凹ます』のが最速で凹ます近道です。ねじり運動を行う事で横腹(腹横筋・腹斜筋)を効果的に鍛えることでくびれ美しいボディラインと 手にすることができます。
腹横筋は内臓を正しい位置に戻すための役割も果たしているため、鍛えることで、腸が刺激され動きが活発になるため、便秘解消効果も。ぽっこりお腹も解消することができます。
今回のダイエット方法で 『短期間で お腹を凹ます方法とは?』についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?無理のないストレッチで簡単にお腹を凹ます事が可能になります。お通じの解消になるなんて、一石二鳥いや三鳥ですね。是非皆さんにとって効果的になりますのでお試しください!
それでは最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!

 

スポンサーリンク