ダイエット

焼きフルーツダイエット

いつもはそのまま食べているフルーツ、実は焼いて食べると栄養価がUPして美容効果、ダイエット効果を手に入れることができるんです。普段フルーツの食べる時、皮を剥いて食べますよね。しかし、フルーツの栄養素の多くは、剥かれてしまう皮に含まれています。

 

フルーツを焼く事で、本来は剥いてしまう皮まで一緒に食べ、栄養を丸ごと取ってしまおうというのが、焼きフルーツダイエットなのです。今回はオススメの焼きフルーツをご紹介します。

まずは食物繊維がたくさん焼きリンゴ!

 

 

リンゴを焼くと、オリゴ糖が増加して善玉菌が増えるので、腸内環境が整えられて便秘解消、美肌効果に繋がります。

 

ポリフェノールも加熱すると吸収されやすくなり、抗酸化力、肥満抑制力が高まります。りんごの皮部分には、りんごに含まれる水溶性の食物繊維成分であるペクチンが非常に多く含まれています。こういったペクチンやポリフェノール等の成分がダイエットに非常に効果的と言われています。

 

 

多くの人はりんごを食べる時、皮をむいて食べやすい大きさに切って食べますよね。そして、残ったりんごの皮は捨ててしまう人が非常に多いのです。つまり焼きりんごダイエットで痩せる為には、りんごを焼いて皮ごと食べるのが理想と言えるでしょう。

 

 

ローラさんもダイエットされていますが、焼フルーツを実践しているようですね。ココナッツオイルでリンゴを焼いてからハチミツとシナモンをかけると、とても簡単に美味しく出来ますよ。ココナッツオイルを使うことでダイエット効果がさらにUP

 

次に実は以外と低カロリーな焼きバナナ

 

皮ごと焼いても皮を剥いた状態でもOKです。焼くことでより更に濃厚な甘みが増して満腹感も得られます。

 

 

バナナもオリゴ糖が増加して善玉菌が増えるので、腸内環境が整えられて便秘解消、美肌効果に繋がります。便秘で悩んでいる方は朝の焼きバナナがオススメです。

次に焼きキウィ

 

 

酸っぱくてキウイが苦手な方でも焼くと甘くて美味しくなりますよ。キウイに含まれる食物繊維も加熱することで吸収されやすくなるので便秘解消、ビタミンCで美肌効果、風邪予防や疲労回復に効果的です。

 

水でしっかり洗ってうぶ毛を落としてから、スライスして皮のまま焼くことで皮に含まれる多くの栄養成分もしっかり摂ることができます。

 

次に焼くことでビタムン摂取量がUP 焼きミカン

 

 

みかんは皮ごと焼くことで、皮に含まれるビタミンCやβクリプトキサンチンなどの栄養をしっかり取り入れることができます。

 

エネルギー代謝を促進するクエン酸は血液循環も良くするので、冷え性の解消にも繋がります。甘味が増して身体も温まるので冬にぴったりです。

 

 

今回の焼フルーツダイエットはいかがでしたでしょうか。
もちろん、一番は生で食べるフルーツが美容や健康はいいのですが、毎日の生のフルーツにもそろそろ飽きてきた…。そんな時にこの焼きフルーツを試してみてはいかがでしょうか。

焼くことで栄養価、甘さが増し、更に美味しく食べることができるフルーツもたくさんありますので、身体を温める効果だけでなく、毎日のフルーツの生活にすこし違うスパイスを混ぜることによってさらに美容やダイエットへのモチベーションも上がり美味しく楽しくダイエットができるのはさらに女性には嬉しいのではないでしょうか。

デザートや朝食に色々なアレンジで是非試してみてください。毎年冬になると太ってしまう・・・という方は、今注目の「焼きフルーツダイエット」はいかがですか?

それでは最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!